職業訓練をうけて資格取得を目指そう!公共職業訓練と求職者支援訓練のちがい

職業訓練中画像
初心者歓迎

目指したい職業があっても履歴書の資格取得欄に記入できるのは「普通自動車免許」くらいしかない方、能力はあるのに書類選考で落とされてしまうのは悔しいですよね。

そんな時、ハローワークの公的職業訓練を受けて資格取得をめざしませんか?

公的職業訓練

公的職業訓練には「公共職業訓練」と「求職者支援訓練」があります。その違いをみていきましょう。

ちなみに、この訓練は今後就職して雇用保険にも入る見込みのある人のためのものです。間違っても窓口で「もう働きに出るのは嫌だからPC習ってアフィリエイトで稼げるようになろうと思う」などと口走ってはいけません。個人事業主を目指す方は間違いなく断られます。

資格なんていらないけれど得意なことで独立したいという方は「ココナラ」などに登録しておけば実力を試すこともでき可能性が広がるでしょう。

公共職業訓練

対象:雇用保険(失業保険)を受給している求職者

受講料:無料

手当:訓練受講中に失業給付が支給される

離職者訓練

施設内訓練:モノづくり系の訓練

委託訓練:事務やサービス系の訓練

障害者訓練:テレワークや介護の基礎知識など

求職者支援訓練

対象:主に雇用保険を受給できない求職者

受講料:無料

職業訓練受講給付金:一定の要件を満たした場合、職業訓練の受講を容易にするための給付金が支給される(一定の要件を満たさなくても職業訓練だけ受講できる場合あり)

求職者支援訓練のコース

基礎コース:基礎的な技能と社会人としての能力

実践コース:基礎的技能に加えて実践的な技能も学ぶ

まとめ

最近ではパソコン関係の訓練が多いようです。もちろん、介護や機械ものづくりなどもあり、ネイリストなど今どきらしいものもあります。

地域や募集のタイミングもあるので自分に合ったものを調べてみましょう。

また、職業訓練には試験や面接などがあります。人気がある訓練は募集人員オーバーで入れない事もありますが、入校の時期をずらしたり他の訓練校を考えるなど挑戦してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました