抗酸化作用 のある食材ならアンチエイジングをめざせるぞ!いつまでもカッコよくいよう。

きれい!
ステキなおじさま

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抗酸化作用 のある食材を調べてみました。

鉄は放っておくと酸化して錆びてしまい、りんごは切ったところから酸化して茶色くなり腐り始めます。


では、人間は?


人間も酸化によって傷ついた細胞から弱っていきます。

抗酸化作用のある食材でアンチエイジングを目指しましょう。

活性酸素と 抗酸化作用

活性酸素は細胞を傷つけます。

体に取り入れた酸素の一部が様々な要因で「活性酸素」となります。

活性酸素とは体内に入り込んだ細菌やウィルスから守ってくれるものですが、増えすぎると自らの細胞を攻撃してしまいます。

その結果、老化、がん、シワ、しみ、糖尿病や脂質異常症、動脈硬化などの生活習慣病の原因となります。

これでは年齢に関係なく老けて見えますね。

活性酸素が多く発生してしまう原因

  • ストレス、紫外線や放射線、大気汚染、タバコ、薬、お酒の飲みすぎ、激しい運動普段全く運動をしない人が急に頑張りすぎるのは危険です。
  • 酸化した食べもの(マーガリンなどのトランス脂肪酸、ファストフード、加工食品、時間がたって酸化が進んでいる揚げ物、インスタント食品、スナック菓子など)
  • コレステロールのもとになり やすい動物性油脂(ラードやバターなど)
    油は酸化しやすいので、古い油は使わないように注意しましょう

抗酸化作用 は活性酸素を無毒化すること。

抗酸化作用は

私たちの体にもともと備わっていますが、加齢によりその働きは低下してしまいます。

つまり、老け込んでしまうということですね。

「抗酸化物質」の多く含まれる食品でアンチエイジングをめざしましょう。

抗酸化作用 のある栄養素

ポリフェノール

抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害な物質に変える
動脈硬化など生活習慣病の予防

ポリフェノールとは植物が紫外線などから身を守るためにできた色素のことで5,000種類以上あります。

単純にポリフェノールは野菜の色と覚えて食卓をカラフルに彩りましょう。

赤ワイン、緑茶、ウコン、チョコレート、大豆、コーヒーの色素も種類は違いますがみんなポリフェノールの一種です。

ビタミンA、C、E

酸化によって傷ついた 細胞の回復を早める
紫外線やストレス、喫煙などによって生じる過酸化脂質を抑制

ビタミンA

ニンジン、ほうれんそう、うなぎ、レバー動物性のビタミンAの摂りすぎは肝臓に蓄積されてしまうので注意

ビタミンC

生食が可能な食品はで食べる
空気に触れると酸化し栄養価が失われるので、果物や野菜は食べる直前に 切る。
緑黄色野菜(パプリカ・パセリ・ブロッコリー・青菜類など)
フルーツ(キウイフルーツ・いちご・かんきつ類など)

ビタミンE

緑黄色野菜を炒めて食べると、他のビタミンも同時に摂れて効果的です。植物油(ひまわり油・やし油・べに花油など)
種実類(ごま・アーモンド・ピーナッツなど)

ミネラル類

抗酸化酵素の生成や活性

海藻類(わかめ・のり・昆布など)、魚介類(桜えび・うるめいわしなど)、納豆

まとめ

以上、体を内側から若返らせる主な栄養素でしたが、他にもたとえ微量でも重要な働きをするものがたくさんあります。

バランスよくカラフルな食卓を目指すのが理想です。

足りなければ栄養素をサプリメントで補うという事もアリかも知れません。

ただし、持病やアレルギーのある方、過剰摂取してしまう方は危険ですので十分気を付けてくださいね。

有機・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。素材本来の味を食卓に。


コメント

タイトルとURLをコピーしました