久世福商店 の あんバター この絶妙なあんとバターのバランスには脱帽せざるを得ない。

あんバター

次男のお嫁さんから久世福商店のあんバターをもらいました。

「これ、すごく人気があってなかなか買えないこともあるんですよ」という一言に期待が一気にふくれあがりました。

彼女からはこれまでにも久世福商店の化学調味料や保存料の入っていない万能だしやおしょうゆなどをもらっていて、とくにどんなお料理に入れても必ずおいしくなる万能だしはお料理が苦手な私にとって救世主のようでした。

わたしの頭の中では、久世福商店=自然でおいしい物になっています。

それでは、久世福商店のあんバター頂きます

あんバター

スプーンですくってまずはひと口

 

ん?意外とふんわりしています。

優しい、いい感じの甘さです。

あんバター

8枚切りの食パンを4等分したものをトーストしてあんバターを塗ってみました。

スーパーで一番安い食パンは特別な風味づけもなくあんバターの邪魔になりません。

たくさん塗った方がおいしいとのことですが、びんのパッケージに写った写真ほどぬるとボリュームがありすぎる気がします。

あんバター

常温だったので、やわらかくパンにすうっと伸びます。

北海道産小豆でできたあんこと、バターが絶妙にマッチしています。

雑味がないというのかな

とても丁寧に作られている感じがするんです。

もちろん、作っている現場を見たわけではありません。

翌日はあんバターをコーヒーに入れてみました。

何十年か前に京都旅行で立ち寄った喫茶店で「コーヒーぜんざい」というメニューがあったなと記憶がよみがえってきました。

(ただし、コーヒーぜんざいは冷たいぜんざいにコーヒーをいれるようです)

よし、あんことコーヒーは相性が良さそうだぞ。

あんバター

冷蔵庫に入れていたのであんこがかたまっていました。

おはぎにするとちょうどいい感じの固さです。

これ、おいしい。

いい感じの甘さとコクが心身の疲れを癒してくれます。

甘いミルクコーヒーよりもまったりとした優しさです。

せっかくのあんバターをコーヒーと混ぜてしまうのはちょっともったいない気もしましたが、、、。

次は失敗作です

あんバター

調子に乗って、少なくなったあんこのコーヒーに氷を入れてアイスあんコーヒーにしようと思いました。

結果、氷をいれすぎて味が薄くなりおいしいあんこのコーヒーがぶち壊しになりました。

繊細に作られているものに雑な扱いをしてしまい大失敗です。

 

冷蔵庫に少し残ったあんバターがありました。

冷たくておいしかったのでそのままスプーンですくっていただきました。

バター味が好きな方はさらにバターを追加するようですが、私はこのままが一番おいしいと感じました。

とても気に入ったので自分でも買ってこようと近くのショッピングモールに入っている久世福商店にでかけたのですが、なんと!コロナの影響らしく閉店してしまっていました。 そんな時は、クーポンやポイントがある通販でお取り寄せしましょう。

  


コメント

タイトルとURLをコピーしました